2006年03月17日

刑法が一通り

さて、急ピッチで刑法が終わりそうです。

知ってるようで知らなかった刑法、まだ、国家的な犯罪は終わってないですが、よく考えられているなと思いますね。

刑法は、人権を制限するから、適用が厳しく、解釈も限定的である。
でも、思うに、こういった刑罰の内容を義務教育で教育する必要があるように思います。
 私のように勉強している人しか知らないのでは、抑止力にならないような気がします。

それと、法律というか弁護士さんの話なんですが、山口県光市で7年ほど前に起きた、母子殺人事件の被告人弁護士が、弁護士会の公務やらで法廷を欠席した続報です。
 裁判所が出廷と途中退廷の禁止の命令を出しました。当然だと思います。
残念な結果です。こんな人たちがいなくなることを望みます。
 そして、東京には、東京弁護士会、第一、第二と3弁護士会があります。どのHPを見ても、なぜ別れているのか満足な説明はありません。さまざまな経緯でとぐらいしかありません。
 思うに、司法試験を受かって、その程度なのかと。私も弁護士目指していますが、こんな馬鹿らしい状態を変えていければと思います。
 まずは、合格にむけて、頑張ります。
posted by げんき at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。